山と犬と挽肉と

やけんの外遊びを綴ったブログです。

【般若山&釜ノ沢五峰】2018年初登山は秩父のお山で安全祈願。

f:id:kitasennju_yamabu:20180610090427j:plain

どーもどーも、毎度お馴染みやけんでございます。

やっとです、、、やっと2018年にブログが突入しました。

前回の筑波山?はて?よく覚えていませんねぇ?

さて、2018年のスタートを切るお山は埼玉県の山にしたいなぁとの事で般若山に決めました。

般若山法性寺が登山口となっているので今年の登山の安全祈願も兼ねて登ったると意気込んで挑んだ山は鎖場、岩場の連続で安全祈願の登山に危険な崖っぷちを歩くという意味のわからない旅となりました。

あ、そういうブログですねココは。

続きを読む

集めたくなる登山の副産物。山バッジのすゝめ2

f:id:kitasennju_yamabu:20180515002022j:plain

こんにちは。山バッジハンターのやけんです!!

今日はちょっと時空を歪めて最近登ってきた筑波山のお話をしようかなと思います。

どうでもいい事ですが、私は登った山にバッジがあれば必ず購入しています。

買うのは主にピンバッジであり、缶バッジは個人的に邪道なのであまり買う事はありません。

そんな私ですが、北千住山部リーダーであるsea-nov氏からとあるアプリを紹介されました。

ちょっと山歩きが楽しくなるかもしれない、、、そんなツールをちょろっと紹介していきたいと思います。

続きを読む

【丸山日帰り登山】地元埼玉県の低山へ行こう!駅から登れるお手軽ハイキング。

f:id:kitasennju_yamabu:20171203144123j:plain

2017年12月2日 埼玉県の奥武蔵エリアにある丸山に登ってきました。

というのも生まれも育ちも埼玉県の私やけんとしては「何もない県埼玉」「ダサイタマ」などと小馬鹿にされることが多い埼玉県にもこういう面白い場所があるんだよ。

なんて紹介出来たら嬉しいなぁ、と思い埼玉県の低山をバシバシ紹介していこうと思います。

あ、バシバシは無理ですね。極稀に紹介していこうと思います。

それでは記念すべき第一弾をひあうぃーごー!

続きを読む

グリーンパークふきわれで秋キャンプ。北千住山部の休日

f:id:kitasennju_yamabu:20180330193704j:plain

えー、今日はキャンプの話でもしましょうかね。

と言っても私はイスくらいしか持ってないし基本キャンプ用品を集めているほどセレブリティでもないので寄生キャンプをモットーとしています。

おいおいおいちょっと待てよ!

前回の広島旅の続編どこいったんだ!?というツッコミがありそうですが、それは2018年の話であり、そこに追いつくにはまだ2つも山を越えねばいけません。

ということで必死に現在を目指してブログを書いていますが、果たして追いつくことはできるのでしょうか?

さっそく山を越えるつもりが全くない平地での自堕落な話のスタートです。

続きを読む

広島一人旅(おまけ)台風上陸寸前の宮島を歩いてきた。

f:id:kitasennju_yamabu:20180329195107j:plain

お世話になってます、やけんです。

最近更新頻度が早いのはゴーストライターを雇っているからなんです。

まぁ冗談ですが。ゴーストライター雇ってたらもっとまともな記事書くだろ、、、

本題に入ると高尾山の翌日のお話なのだが、いかんせん台風がもうすぐそこまで迫っていたのですぐにでも関東に帰るべきなんでしょうが、せっかく来たのだからと無理して宮島へ乗り込んだ話である。

続きを読む

【高尾山登山】広島の高尾山の方が個人的に素敵スポットだった件

f:id:kitasennju_yamabu:20180326144151j:plain

高尾山って世界一の登山者数を誇る山って知ってました?

関東に住んでいれば、山を登った事があろうが無かろうがほとんどの人がその名を知っていると思います。

そんな高尾山が広島にあるというじゃないですか!!!

高尾山の記事なんて著名なブロガーさん達がこぞって書いていると思いますので、はみ出し系ブログのこちらでは広島県にある高尾山を紹介していこうかと思いま〜す。

続きを読む

【笠ヶ岳登山】笠新道〜クリヤ谷 北アの秀峰へ挑む、北千住山部の遅い夏合宿 〜後編〜

f:id:kitasennju_yamabu:20180325130811j:plain

2017年9月30日〜10月1日に北アルプス笠ヶ岳に登山してきた話の後編を紹介していきたいと思います。

笠新道を経て笠ヶ岳の山頂を目指す我々は、想像を上回る過酷な急登の連続に苦戦を強いられボロボロの状態で笠ヶ岳山荘にたどり着く。

言葉無く、荷物をテント内に搬入するがとてつもなく外の空気が寒い、、、

とりあえず寝袋の中にくるまって暖をとったのだが、ここで私の記憶は途切れてしまった。

どれくらいの時間がたったであろうか、私はテントを叩くような風の音に目を覚ましたのであった。

続きを読む