読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と犬と挽肉と

やけんの外遊びを綴ったブログです。

南房総で暴走キャンプをしてきました。in大房岬

f:id:kitasennju_yamabu:20151207011523j:plain

寒さが日に日に厳しくなっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は風邪をひかないように毎日朝に寒風摩擦をしているイメージトレーニングをしています。そのお陰でブログを書いている今も喉が痛くて鼻水がとまりません。

話が逸れましたが、千葉県の房総半島にある大房岬にキャンプしてきました。

こんな寒い時期に風が強くて有名な南房総にキャンプしに来ている人なんて平日は我々しかいませんでしたよ。

だから今回も出禁レベルの水準で暴れてやったわ。

今回は自称キャンパーのヨウ氏プロデュースのキャンプに寄生虫の如くキャンプをしてくるお話です。それではどうぞ。

 

f:id:kitasennju_yamabu:20151208190616j:plain

市原SAで待ち合わせだったのですが、ここはそこからは程遠いキャンプ場近くの大型スーパーです。まず要因は私がキャンプに対しての熱量が他のメンバーと比べると著しく低く普段から寄生虫キャンプを心がけていることからこのような場所での合流と相成りました。

要するに遅刻です。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225010138p:plain

私が合流地点に向かってる頃、彼らは鮮魚食堂ばんやで美味しい海鮮料理に舌鼓をうっていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225010200p:plain

私が市原SAで唐揚げを食べてる時、送られてきた写真です。

ぐぬぬぬぬぬぬ。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208191629j:plain

話は戻って合流したところから。

まずは庶民の味方である100均で必要最低限の備品を集めます。

ここでスポンジや洗剤などを購入。メンバーの数人はクロックスもどきにモコモコがついたあったかそうなサンダルをGETしていました。100円じゃないけどね。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208192107j:plain

100均のバイヤーは武器商人と裏で手を組んでいるのか、攻撃力の高そうな武器がたくさんありました。トルネコも真っ青なラインナップです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208192449j:plain

無駄の無い動きでキャンプに必要なアイテムをどんどんカゴに入れていきます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208192752j:plain

100均で買い物を済ませた我々は食材の調達をする為、となりのスーパーへと移動します。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208193544j:plain

キャンプといえばカレーでしょ!ということでカレーの具材を集めます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208194555j:plain

そんな我々を嘲笑うように食品モンスター達がラインダンスを披露していました。

あまりの美女揃いだったのか、女好きのジャムロも唖然としていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208195826j:plain

なんとアサヒスーパードライに1000ml缶があったとは・・・。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208200200j:plain

135ml缶があったので並べてみるとデカッ!!あまりの大きさに動揺してしまい気づけばカゴに投入していました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208200534j:plain

今回のキャンプメンバー最年少のナギ坊も自分のお菓子を確保すべく暗躍していました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208200806j:plain

大量の酒と食料を段ボール箱に投入してスーパーを後にします。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208201026j:plain

14:20 大房岬自然公園の公共駐車場に到着しました。このキャンプ場は車の進入が基本できません。ただ荷物の積み込みなどは、ここで通行許可証を貰うことで可能です。

荷物を降ろしたら再びここに戻ってきて車を駐車するシステムです。

距離はキャンプ場から10分ほどなのでそこまで苦でも無いかと思います。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208201955j:plain

通行許可証を手に入れビジターセンターまで車でやってきました。ここで荷物を降ろします。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208202224j:plain

おたずねもののアナグマに注意の看板がありました。下手するとテントに穴をあけられてしまうそうです。おそろしいですね。

f:id:kitasennju_yamabu:20151208202639j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151214145918j:plain

リヤカーに荷物を積み込んでいきます。リヤカー2台分が満タンになるほどの大荷物でした。

こんな所で夜逃げの体験実習ができるなんて、キャンプなめてましたわ。

f:id:kitasennju_yamabu:20151214150032j:plain

ビジターセンターから歩いて2、3分の第二キャンプ場まで荷物を運びます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151214150246j:plain

リヤカーから荷物を降ろし車を元の駐車場に戻す組と現地で準備する組に分かれます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151214150927j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151214151434j:plain

リヤカーがあると男子は絶対にこういうことするよね。リヤカーあるあるですね。

空のリヤカー→乗る→運ばれる→はしゃぐは、鉄板の流れです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151214151911j:plain

車を公共駐車場に移動して再びキャンプ場へ戻ります。

コースタイムは徒歩7、8分ほどです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151214152335j:plain

木々の隙間から海が見えます。大房岬自然公園は周りを海に囲まれています。

キャンプ場もすぐ近くが海になっています。

f:id:kitasennju_yamabu:20151214155540j:plain

断崖絶壁になっているので海が見渡せる場所もありますね。

キャンプ場も崖から海が見えますが落下防止の柵がしっかりあります。会社にキャンプ場の崖から転落して骨折した人間がいるのでそんな方でも安心ですね。f:id:kitasennju_yamabu:20151214160254j:plain

上空には沢山のトンビが自由に空を飛び回っていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215224801j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151215224935j:plain

3人でキャンプ場へ戻る途中、こんな施設を発見。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215225358j:plain

中では子供達が自然教室の一環なのかワイワイガヤガヤしていました。

子供達が寝静まった夜中におっさん達が近くでワイワイガヤガヤしますよ。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215232017j:plain

キャンプ場へ戻ってきました。もちのろんで、我々以外は誰もいません。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215232242j:plain

トイレも近くにありました。

トイレベルでいうと、5点満点中(3.2点) まあ、キャンプ場のトイレだなぁという感じ。洋式が1個あるのが評価できますが、当然ウォシュレットはないです。

あと私が使ったあとにレバーがぶっ壊れて危うくう◯こが流れなくなるという事態に陥りかけたので、そこも個人的に減点対象です。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215233019j:plain

早速テントを組んでいきます。ヨウ氏はこの日の為にこのテントをゲットして準備万端でしたが、1回も試し張りをしてないのでそのしわ寄せが我々にふりかかりました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215233501j:plain

テントの設営に20分以上かかるとはな!ただテントは立派なもので、

中も広くておっさん4人が寝ても広々使えそうです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215234007j:plain

ジャムロとバーベキュー用の炭を調達してきました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215234257j:plain

数々の山旅でお世話になっているクロノスはsea-nov氏と私で3分もかからず設営できるようになっていました。今後ともお世話になります。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215234753j:plain

焚き火台を設営するジャムロ。山コックは、今日はスペアリブを作ってくれるそうです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215235308j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151215235446j:plain

sea-nov氏が持ってきた蜂のおもちゃ。こういうのは持ってくるのに、テントポールは持ってくれません。困ったものです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215235721j:plain

空が夕暮れ時を迎えるとお腹がすいてきます。さて宴の準備に入ります。

f:id:kitasennju_yamabu:20151215235921j:plain

まずは燻製卵用のゆで卵を作ります。

f:id:kitasennju_yamabu:20151216000120j:plain

着々と我々の城の建国が進んでいます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151216003416j:plain

sea-nov氏のカラフルおしゃれ風車も雰囲気を演出してくれています。 

f:id:kitasennju_yamabu:20151216003708j:plain

ビールボーイな我々には外せない看板が100均にあったのでゲットしておいて正解でした。この看板があるのと無いのではビールのうまさが1.5倍違うとか違わないとか。

f:id:kitasennju_yamabu:20151216004046j:plain

2つの風車的オブジェに興味津々のナギ坊。海の側にあるのも相まっていい感じに風が吹くので良く回っていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151216004444j:plain

ジャムロはこの日の為にペトロマックス(灯油ランタン)を購入していました。

手前のペットボトルは燃料である灯油ですので、ジャムロ以外は飲めません。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221175649j:plain

ヨウ氏もキャンパーの端くれなので、ランタンを持っていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221180050j:plain

 YouTubeでペトロマックスの使い方を見ながら点火準備をします。てかこんなんで大丈夫なのか??テントといいランタンといい、ぶっつけ本番なのは何故なんだ??

f:id:kitasennju_yamabu:20151221181157j:plain

灯油ランタンすげー!!!圧倒的な明るさを誇っています。しかしこれは使用する前の準備作業を撮影したもので、結局いざ点火しようとしたらうまくできず、ジャムロは早々にペトロマックスをしまっていました。

まぁ、元気出せよ。そのうちいいことあるって。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221182033j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151221182530j:plain

タープ設営後、私はこのキャンプで一番過酷であろう米とぎミッションを発令されました。凍えるような冷たさの水が、私の手の感覚を破壊しにきます。

そして朝から気にはなっていたのだが、関節が痛いしお腹の調子が悪い・・・

これはまさか・・・・風邪ひいた??

f:id:kitasennju_yamabu:20151221211509p:plain 

f:id:kitasennju_yamabu:20151221212207j:plain

体調不良は気のせいだと自己暗示をかけて、宴に臨むことにします。

焚き火台も稼働して準備万端です。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221213018j:plain

ジャムロとマツコさんがカレーを作ってます。ぼちぼちビール飲んでもいいすか?

f:id:kitasennju_yamabu:20151221213723j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151221214529j:plain

てな訳で乾杯ッ!!

ジャムロの持ってるビールは2ℓでした。1ℓでかっ!と思ってたんだが、もっとでかいのがあったわ。

このビールのせいで、「まだ一本飲み終わってないんか?ペース遅いんじゃね?」とジャムロはいじられまくってました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221221828j:plain

夜中になれば必然的に始まる熱唱タイムの為の必須アイテム。

タンバリンとエコーマイクは100均で手に入りますよ。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221222912j:plain

ジャムロが海老とキノコのアヒージョを作ってくれました。アヒージョは簡単に作れて美味しいので、人気のあるメニューですね。もうバケットが止まりません。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221223327j:plain

空には満月が煌々とキャンプ場を照らしていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221223839j:plain

燻製した卵ってなんでこんなにもうまいんだろうか。食品を燻す事を編み出した先人に感謝ですね。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221225823j:plain

米も炊きあがったんですが、水が少なかったせいでめっちゃ固いです。

私の過酷なミッションは失敗に終わったって事ですかそうですか。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221230245j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151221230524j:plain

カレーライスとジャムロ特製スペアリブでお腹を満たします。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221230828j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151221230948j:plain

焚き火台を囲んでゆっくり談笑するのもキャンプの楽しみでもあります。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221233816j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151221234024j:plain

ここで、珍事件が起こりました。写真が無いのですがアナグマが炊事棟の前に現れたので追い払いました。本当にいるのね!びっくりしましたわぁー。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221235027j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151222003144j:plain

親父の酒が残っていたので持ってきてみんなに振る舞いました。寒い夜には体を温める日本酒は重宝していました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151221235833j:plain

EMI氏がライトアートをやりたいというので撮ってみたらたった5分でものにしてました。やりおるな・・・。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222000352j:plain

ライトアート撮影から戻ってみるとすでにsea-nov氏のVナイト(ビジュアルナイト)

が幕を開けていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222001447j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151222002807j:plain

山中とは違い電波もガンガンあるのでYouTubeで聴きたい曲を流して熱唱する。

真のキャンプはここからがスタートです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222003426j:plain

スモークチーズを食べながらVナイトを楽しむ。しかし関節が痛い!!これは暴れて汗をかいて熱を下げるしかないッ!!

f:id:kitasennju_yamabu:20151222004002j:plain

焚き火を囲んでの楽しい時間があっという間に過ぎていく。ここで女性陣が寝たので

男性陣は誰もいないキャンプ場で暴走を開始する。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222004645j:plain

sea-nov氏のテンションも最高潮に達していました!!おっさん4人でガンガン音楽流して肩組んで歌って踊る。海辺のキャンプなのもあり、もう気分は海賊です!

f:id:kitasennju_yamabu:20151222004949j:plain

男たちの熱い宴は夜中の3時過ぎまで続きました。ジャムロは気づけば、半袖1枚になって椅子で寝ていました。風もいつのまにか強く吹きはじめていました。これは危険なので起こしてテントに誘導しました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222005300j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151222005416j:plain

アナグマに食べ物を盗られないように炊事棟に移動させて施錠しました。

その他、後片付けをしてこの日は眠りにつきました。

おかしいな・・・体調が悪化しているんだが、皆さん原因が分かりますか??

僕にはさっぱり分かりません。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222005917j:plain

AM 6:30 あまりのお腹の調子の悪さに目が覚めます。

これは完全にお腹からくる風邪にかかったようです。とりあえずトイレに向かいます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222010034j:plain

テントの前室には真夜中の暴風がもたらした枯れ葉が山のように積もっていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222010432j:plain

!?

f:id:kitasennju_yamabu:20151222010655j:plain

世界が崩壊したのかと一瞬考えてしまうほどに荒れ果てたベースキャンプ。

房総半島の海沿いの風の強さを目の当たりにした瞬間でした。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222011159j:plain

グロッキーな私は手伝いもそこそこにしてあとは座って休んではトイレを往復する始末

キャンプで痛い目にあうことが多い気がします。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222011545j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151222011709j:plain

ビジターセンターにて借りていたものなどを返して、公共駐車場に戻ってきました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222011925j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151222012409j:plain

公共駐車場に隣接するインフォメーションセンターに地図がありました。

せっかくなので海を見に付近を散策することにしました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151222221903j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151222222014j:plain

 海岸までは地図が無くとも案内板がしっかりと立っているので、それに従い進んでいくだけです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224144421j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151224144725j:plain

海岸までの道は樹林の中を歩きますが、風が強いので木々がぐわんぐわん揺れていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224145701j:plain

階段を下りきると背の高い竹林が出てきます。これを抜けると海が見えてきます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224151949j:plain

広場から海が見えます。空気が澄んでいて遠くの島まで見えます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224152325j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151224152628j:plain

海がめっちゃ荒れてる!!

暴風のせいで、波も高く荒れていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224153205j:plain

しかしながら眼前に広がる大海原にテンションがあがります。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224154047j:plain

荒れてる海に近づきたくなるのはもう仕方のないことです。波しぶきを全身に浴びたいです。

数日前の帰り道に車に水たまりの泥水を思い切り浴びせられたのを思い出したわ。

風邪ひいたのそれが原因じゃね?

f:id:kitasennju_yamabu:20151224154917j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151224155034j:plain

 登りたくなる岩を登っていくと、奥に海岸が続いていました。

白波浮き立つ中に、ひょっこりと潜水艦のような形をした岩がありました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224160033j:plain

海を挟んで対岸には真っ白く冠雪した富士山を眺めることが出来ました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224160604j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151224160907j:plain

これから素潜りで魚を獲りに行くんじゃないかと思わせるくらい、ジャムロにお似合いの槍が落ちていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224161607j:plain

近くに滝があるとのことなので移動することにします。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224162039j:plain

芝生を下っていきます。奥に滝があるそうなのですが、本当にこの奥に滝なんかあるのか??

f:id:kitasennju_yamabu:20151224231617j:plain

ありました。申し訳程度にちょろちょろと流れています。 

f:id:kitasennju_yamabu:20151224231927j:plain

洞窟も近くにあります。sea-nov氏が亡霊のように立っているので、一瞬心霊写真かと思ってしまいました。危うくパソコンをお寺で燃やすところだったので、

パソコン代をこれからsea-nov氏の家まで請求しに行こうと思います。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224232823j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151224232551j:plain

滝の水量こそ少ないですが、しっかりと歴史のある滝でした。

海の近くなので海賊がらみの話が伝説として残っているようです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224233334j:plain

散策後はお腹が空いたので車で移動します。やってきたのは漁師料理かなやです。

私は以前、鋸山を訪れた際に寄ったことがあったので海鮮丼が食べられると楽しみにしていました。

「あれ、海鮮料理この旅で食べるの2回目じゃん?」というくだりをここまでに何回もやらされました。

はいはい、遅刻しましたわ。

f:id:kitasennju_yamabu:20151224234808j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151224234627j:plain

金目鯛のなめろう丼をチョイスしました。刺身ものってるのが嬉しいですね。

海釣りで釣った魚もなめろうにして食べてしまう私はもうナメラーですね。

ナメラー??イジリー岡◯の事ではないですよ。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225000338j:plain

 生簀が店内に設置されていて活きの良い魚をすぐに調理して出してくれるシステムです。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225000610j:plain

ご当地の海藻であるかじめを激押ししていたので、飲んでみた。

これはうますぎる。あおさの味噌汁のような感じです。

じゃああおさでいいじゃんとか思ったあなた!!!そのとおりです。

でも折角ここに来たんだからかじめ食べなさいよ。て事でお土産に買いました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225001351j:plain

飯の後はもうお分かりですよね。温泉です!!

露天風呂からは海を眺める事が出来、かなりの開放感があります。

ただ風が強いため、お湯の温度が低いですがよろしいですか?と聞かれてしまうほどでした。実際、そんなにぬるくなく長時間浸かっていました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225001926j:plain

全員さっぱりしたので帰る事にします。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225002145j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151225002247j:plain

外はすっかり真っ暗になっていました。東京方面に車を走らせます。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225002453j:plain

最後に市原SAでご飯を食べて解散する事にします。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225003054j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151225003258j:plain

千葉県の刺客、チーバ君が出迎えてくれました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225003726j:plain

富士山棒のお仲間がたくさんいました。これを三刀流して今度、山登ってやろうかと思ってしまいました。やるわけないけど。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225003536j:plain

f:id:kitasennju_yamabu:20151225003631j:plain

最後の〆はやはりラーメンですね。体調??全然治ってません。

普段、辛いラーメンは食べないのですが、風邪に効くかもと食べてみました。

結果は、翌日の仕事でもトイレ往復が追加業務として与えられました。

f:id:kitasennju_yamabu:20151225004302j:plain

◎まとめ◎

この看板通り、良い1日を過ごせました。

大房岬という千葉の端っこの方にキャンプしてきましたが、とにかくわかった事があります。風が強い!強すぎです!タープどころかテントも吹き飛ばされるのでは?と思うような強風が吹きつけていました。

キャンプ場自体は、やや駐車場が離れてしまうのが難点ですが、炊事棟がしっかりしているなどの設備面はよく整っていると思います。

注意すべき点はアナグマです。やつら、マジでやってきます。寒い時期なのですが結構活動しているようです。食べ物はテント内に絶対持ち込まないようにしましょう。

テント破壊されますよ。

という事で今回も自身が不調な状態でのキャンプの報告でした。

次回のキャンプが怖い!

f:id:kitasennju_yamabu:20151224153913j:plain

房総暴走キャンプの旅 おしまい